寝小便のはなし。

 

 

今朝、トイレで小便をしている夢で目が覚めて

眠い目を擦りながらトイレで用をたしにいった。

 

今まで何度も同じ夢を見たかは覚えていないが

いわゆる社会人と言われる年になってから

2度ほど寝小便をしてしまった事がある。

 

お恥ずかしいお話ですが、人によっては同じ経験か

もしくはそれを超える猛者もいるかもしれません。

 

ていうか、

話がそれましたが・・・

 

一人暮らしの頃は家に誰もいないから、そんな事があっても

問題はなかったけど、今は妻が隣で寝ていたりするので

そんな夢を見て目覚めた時に、何事もなかったら正直ホッとします。

 

さらに闇歴史になりますが

記憶が残っているかぎり、私は小学生5年くらいまで

寝小便をしていたと思います。

 

だからでしょうか?

下半身がゆるいのは・・・。

 

さらに思い出します。

戒めの様に、庭に布団が干され、

近所に方々に見られる始末。

 

何が原因だったか分からないけど

よく友達が少ないと寝小便が治らないとか?

あったような、なかったような。

そんな伝説が・・・。

 

親にしばらく

夜中に起こされてトイレに連れていかれた事を思い出します。

それのお陰か

自然となのか

未だによく分かっていませんが

いつからか寝小便は治っていて

 

そして年月は経ち、

大人になった矢先の出来事。

 

あの暖かい感じで目が覚めるの

年を重ねて下半身が緩くなったんでしょうか?

 

想像出来ちゃうから嫌なんだけと、

おじいちゃんになったらこの先怖いな。

 

結局は不治の病か?

なんの話やら。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です