猫の知覚過敏の続き2



 

飼い猫の知覚過敏が発症してから2、3年が経つでしょうか、

結局ところ知覚過敏は、治っておりませんが

飼い猫は元気に過ごしております。

 

以前のように、自分の毛を噛みちぎって

ハゲが出来てたりという事は、今の所

なくなりましたが、変わらずお尻を

ビクビクさせているのは変わっていません。

 

前回の記事↓

猫の知覚過敏の続き

 

なので現在は、

治らないものとして長く付き合っていく考えで

猫と接しています。

 

それでも前と比べれば良くなった方で・・・

 

対策というほどの事でないですが、

ビクビクが出てきたら、猫ちゃんの名前とか呼んであげたり、

遊んであげたりと、とにかく注意をそらしてあげるといいみたいです。

 

また、

服を着せるのも効果的かもしれません。

ただ、ずっと着せっぱなしもストレスになるのと思うので、

ビクビクがひどい時や、就寝の時間だけ着せるのが良し。

 

いまのところ、これで落ち着いている様子です。

 

また何か進展があれば報告していきたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です