シンプルに豊かに暮らす。

 

 

 

妻に勧められて読んでた本。

 

 

著者は曹洞宗の住職さん、庭園デザイナーとして

も活躍されている方だそうです。

 

表現を最低限に抑えデザインしていく

枯山水をイメージさせる。

 

自身のライフスタイルを

引き算という考え方をベースに

本当に必要なものをだけを残していく。

多少は不便になるけど、その不便を楽しむのも人生

てな、感じで。

 

読みやすい本でした。

ちょっとした時間に読むのに丁度いい感じです。

 

妻のお母さんが、そんなライフスタイルに憧れているらしいけど

何せ新しいもの好きなので、どんどん物が溢れていくんだそうです。

無理だと思うけど、読み終わったらお母さんに送るとの事。

 

不便を楽しめない私、

まだまだ青いな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です